FXとは

資産運用、投資、誰しもが憧れるものではないでしょうか。 資産運用には様々な種類があります。 株や先物取引、不動産投資など、投資する商品や規模も様々です。 その中でも最近よく耳にするFX。FXとは何なのでしょうか。

FXとはForeignExchange、つまり外国為替の略から来ています。 主に投資や資金運用目的で行われるのですが、日本名での正式名称は外国為替証拠金取引と言います。

FXは通貨そのものを売買し、購入時のレートと売却時のレートの差額で利益を出そうというものです。 異なる二つの通貨を購入し、一方を売ってもう一方を買うという取引です。

証拠金、という言葉が含まれていますが、これは、FXの取り扱い会社に担保として証拠金を預けてけば、その中で外国のどの通貨を購入しても、円を売って外貨を購入してもよいという仕組みになっているからです。 FXの場合は、円高の状態でも円を売ってしまえば為替差益を得ることができるのも、他の外貨建て金融商品との違いと言えます。

レバレッジという仕組みもあり、小額の資金でも取引が可能ということも最近のFX人気に拍車をかけています。 為替手数料も比較的安価ですし、ほぼ24時間取引が可能な点も魅力的ですね。